冊数
総額10,000円以上のご購入は送料無料

エネルギー医学の原理  ─  その科学的根拠

人間の生体エネルギーと多様 な治療法に共通の作用機序を解明し、その理論的な 裏付けを提示

ジャンル
カイロプラクティック・整体ほか||
シリーズ名
[ENERGY MEDICINE The Scientific Basis]
書籍タイトル
エネルギー医学の原理
サブタイトル
その科学的根拠
著者・編者・訳者
James L.Oschman著
 
帯津良一監訳
出版社
産学社 エンタプライズ
価格(消費税込)
¥6,048
版型
菊判変型並製
頁数・巻数他
280頁

本書の特色

  •  本書は、従来不可解として科学的研究の対象外だったエネルギー(振動)医学を、最新の科学的知識をベースに究明・検証、人間の生体エネルギーと多様な治療法に共通の作用機序を解明し、その理論的な裏付けを提示する。生理学・細胞生物学の分野で著名な科学者J. オシュマンによる著。

     代替療法には多様な手法があるが、「エネルギーの流れ」に作用するという点においてはおおむね共通している。著者オシュマンが、人間の生体エネルギーのしくみとエネルギー療法の作用機序を明らかにしたことで、これまで科学的に見ると不可解すぎるとして敬遠されてきた治療法がクローズアップされることを高らかに示唆した。多様な代替療法に共通のメカニズムを、エネルギーによって起きる現象を医学的に裏打ちするべく試みた傑出の名著。


主な目次

1)エネルギー医学の歴史

2)生体の磁気エネルギー

3)生体の「電気回路」

4)生体マトリックス:5つの仮説

5)鍼療法とその関連療法

6)生体磁気を利用した治療法

7)静かなる響き

8)同調化による治療

9)振動医学

10)ホメオパシーとその他の振動療法

11)重力、構造、感情

12)ロルフィング、オステオパシー、カイロプラクティック、
  フェルデンクライス・テクニック、アレクサンダー・テクニック、
  筋筋膜リリース法とその他の治療法

13)環境中の電磁気

14)環境中の電磁気が生体に及ぼす作用

15)エネルギー医学の将来

16)エネルギーサークル…グループ実験

17)論争と混乱から生まれた発見

関連書籍・DVD