冊数
総額10,000円以上のご購入は送料無料

構造医学の原理  ─  ヒトの直立と歩行から

NASA(米国航空宇宙局)の研究に携わっていた物理学者である著者が、理論解析に基づいて、人体を構造的に解明。

ジャンル
構造医学||
書籍タイトル
構造医学の原理
サブタイトル
ヒトの直立と歩行から
著者・編者・訳者
吉田勧持著
出版社
産学社 エンタプライズ
価格(消費税込)
¥17,280
版型
A4判上製
頁数・巻数他
227

構造医学の原理 主な目次

第1章  構造医学の原理

第2章  生体潤滑理論

     ・摩擦および磨耗
     ・生体潤滑の機構要素
第3章  人類の運動上から見た特性(直立と直立二足歩行)

     ・二足ジャイロ機構
     ・歩行と生理機能
     ・寛骨フライホール運動と二足ジャイロ機構 ほか
第4章  運動機能の機構要素

     ・外形に見る骨盤の性差
     ・仙腸関節と女性 ほか
第5章  バイオメカニクス

     ・構造医学の新しいモデル
     ・脊柱の生理的運動分析
     ・骨盤の構造とバイオメカニクス ほか
第6章  仙腸関節Weight Bearing 機構の研究

第7章  構造診断学の基礎として(生体内カンナ効果の発見)

     ・レバーアーム理論 
     ・交通外傷(追突)の応用解析 ほか
第8章  構造医学の診断のための諸要素

第9章  臨床上気づいた観察結果と生理的局所冷却療法の原理

第10章 構造医科学的検査とその臨床の意味

     ・臨床構造診断におけるスクリーニングテスト
     ・整復の原理




関連書籍・DVD