冊数
総額10,000円以上のご購入は送料無料

医療従事者のためのホメオパシー

ホメオパシーの真髄、そして理論と実践を簡明に解説したテキスト!

ジャンル
ホメオパシー||
シリーズ名
“HOMEOPATHY in primary care”
書籍タイトル
医療従事者のためのホメオパシー
著者・編者・訳者
原著/Bob Leckridge
 
訳/板村論子(日本ホメオパシー医学会専門医・理事、皮膚科専門医、JACT認定医) 序文/帯津良一
出版社
産学社 エンタプライズ
価格(消費税込)
¥5,184
版型
菊判変型並製
頁数・巻数他
296頁

本書の主要目次

セクション1:ホメオパシーの基本理論と臨床ガイド
  1.ホメオパシーとは
  2.如何にしてレメディをつくるのか
  3.これは観察できる事象なのか
  4.1レメディ、1投与
  5.ホメオパシーの問診
  6.すべてを理解する
  7.投与方法
  8.継続治療:何が起こっているのか
  9.治療結果の評価

セクション2:共通の質問

セクション3:プライマリ・ケアにおける
  ホメオパシーの一般的な臨床適応
  1.アロパシーで効果がない場合
  2.アロパシーが安全といえない場合
  3.アロパシーの薬が使用できない場合
  4.アロパシーの治療を減らす場合

セクション4:マテリア・メディカ
  ・患者とのコミュニケーションのための図解
  ・補遺—マヤズム
  ・用語解説

関連書籍・DVD