冊数
総額10,000円以上のご購入は送料無料

構造医学 解析 I

第1部では、顎関節を動物の三大生理要素という包括的な観点から据え、その複雑な運動メカニズムの 理論解説を展開する。第2部では、ヒトの機構的平衡系がもたらす動的安定性への対応として、ウエイトベアリング(仙腸関節)、股関節、恥骨などの機能、運動メカニズムの解析を展開する。

ジャンル
構造医学|   |
書籍タイトル
構造医学 解析 I
著者・編者・訳者
吉田勧持著(構造医学研究所所長)
出版社
産学社 エンタプライズ
価格(消費税込)
¥17,280
版型
A4判上製
頁数・巻数他
図版160点、197頁

構造医学 解析Ⅰ 主な目次


Ⅰ. ヒト顎関節の演繹解析とバイオメカニクス

   ~直立二足歩行とのかかわりから
1)補食、移動、生殖から考えること
2)顎の意味と頭位軸慣性平衡系
3)要素比較人類学(膝と顎の比較から)
4)歴史的知識の踏襲から
5)顎関節構造の演繹解析(円錐のもつ意味)
6)透明頭蓋モデルによる解剖学的検証
7)顎関節の運動解析
8)頚椎および舌骨の顎関節機能に及ぼす効果
9)顎関節ルーズニング
10)頭位軸慣性平衡系および頚部の機能解剖と姿勢の理解
11)仮説と演繹

Ⅱ. ヒトの機構的平衡系がもたらす動的安定への対応

1)静的平衡と動的平衡
2)ヒトの重心移動(リンク機序から)
3)ストレス状態の寛骨と仙骨の対応
4)連接要素内での連関(股関節・仙骨・恥骨)とWeight Bearing
5)連接要素内変化が腰椎の彎曲に及ぼす効果
6)股関節支点と機能前捻角の関わり
7)股関節状態と相同関係を成す肩関節機能(臨床像から)
8)歩容解析

関連書籍・DVD