冊数
総額10,000円以上のご購入は送料無料

国際ホメオパシー医学辞典

ホメオパシーの世界標準が遂に日本上陸!

欧米を初め、アジア、アフリカから、ホメオパシー医、医学研究者30人が共同で編集・執筆

総1000語強(解説700語)を収録

ジャンル
ホメオパシー||
シリーズ名
International Dictionary of HOMEOPATHY
書籍タイトル
国際ホメオパシー医学辞典
著者・編者・訳者
Jeremy Swayneほか編著
 
板村論子・森井啓二共訳
出版社
産学社 エンタプライズ
価格(消費税込)
¥4,968
版型
ポケット版
頁数・巻数他
(182×100mm) 330頁

見出し語の解説構成(見本)

(クリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)



本書の特色

 200年のホメオパシーの歴史のなかで、東アジアを除き世界中のほとんどの国々でホメオパシーは広まっている。その過程でホメオパシーの哲学、原理そして臨床はさまざまな影響を受け、種々な変化を遂げてきた。このことは今までに何度もホメオパシーの治療者や教師が分裂したために生み出された結果である。そしてこれによって、ホメオパシー以外の他の医学界の人々や一般の人々に、ホメオパシーが確かに不明瞭なものであるという解釈を与えている。したがって、この辞書では以上の3つの対象者と3つの目的を考慮して書かれている。3つの目的とは、どの辞書でもそうだが、定義すること、明快にすること、情報を伝えることである。ホメオパシーを学ぶものや治療者にとって、明快であることはコンセンサスを増やすことが必要である。

 そのため、この辞書の形式は通常の辞書と違い非常に推論的になっており、コメント欄を設けて定義に関して入念に、そして、不確実な領域や意見の相違を指し示している。また、定義、明瞭さ、情報というこの辞書の目的は、ホメオパシーを学ぶもの同様に、広く医学分野や一般世間の人々に向けられたものである。

関連書籍・DVD